circuitが好き。

Novation Circuitの使い方・レビューブログです。

novation circuitでEDMは作れるのか?得意ジャンルと不得意ジャンルは?

Sponsored Link

ー 創作にインスピレーションを与えるグリッドベースのグルーブボックス

ー 音楽制作に必要なもの全てが一台に

ー 数秒でアイデアを創出、数分で一曲に

※novation circuitサイトより。

 

 

「なにそれ!ヤバない!?めっちゃ欲しい!」

と衝撃を受け、昼飯を節約して、外食を控え、お菓子も買わず(食べ物ばっかり)購入資金にあてたcircuit様。

 

 

しかし、何でも出来る神の存在circuit様ではなく、

「こいつ実は結構作れないんじゃねcircuitヤロウ!!」

とひっそり本性を現したのでした。

※ただ自分の技術が無いだけ笑

 

はい、ということでcircuitは何でも出来るような雰囲気を漂わせつつ、実はそうでもないのかも。

その理由として、シンセ2パート、ドラムは4パートという最小限の数しか扱えないからです。

 

どうしても今っぽいEDMだったりすると、シンセを数多く重ねたりする必要もあり、2パートだけでは到底薄っぺらくなります。

内蔵のリバーブ/ディレイだけでは過激なエフェクトだってもちろん不可能。

 

厳密には作れるのかもしれないけど、やっぱりDAWには及ばない。

iphoneアプリとかガジェット系でもそうだけど、DAWで作る感覚をそのまま手元の実機でやろうと思うとどうしても上手くいかなくてフラストレーションが溜まったり、安っぽい劣化ダンスミュージックになりやすいような気がするんだよね。

 

「こんなんだったら最初からDAW使えばいいじゃん!やーめた!」

ってなるのがオチです。(´;ω;`)

 

 だったら、逆にDAWでは出来ない・やりにくい使い方を追求しよう!!

というのが現時点での僕の一つの答えだったりします。

 

そうなるとやっぱりリアルタイムで音色をグリグリ変える楽しさに重点を置いた方が『circuitヤロウ』からcircuitさん』位のいいパートナーになるはず。

 

個人的にはcircuitの得意ジャンルとしてはシンプル・ミニマルなテクノで、不得意ジャンルは音数多い・音圧アゲアゲなdubstep、エレクトロ、EDMあたりなのかな。

 

この購入前と購入後のギャップが激しいのもcircuit。

オークションでキレイな状態で出品されているcircuitさんを見ると、

「確かに手放したくなる気持ちもわかるなぁ・・・」

と買ってすぐの自分を思い出します。

 

手放す原因として、音色作ったりサンプル入れたりがいちいちパソコン使わないといけないからめんどくさいのあるかも。

ハード使うならなるべくパソコンとは無関係の存在であって欲しいし、そんなにパソコンばっかり必要なら最初からDAW使うわ!!ってなりやすい。笑

 

めんどくさいけど、結構おもろいヤツなんですよcircuitって。